最終更新日:2019/06/03

LUCIDO(ルシード)の化粧水比較検証!この中で選ぶならこれですよ。

ルシードの化粧水もよーく見るとオールインワン化粧水だったので調査しました。

いや、よーく見ると”オールインワン化粧水”ではなく”トータルケア化粧水”らしいです。
でも「これ一本でトータルケア」と書いてあるし、まぁ言わんとするところは一緒でしょう!

ちなみに名前は

  • ルシード 薬用 トータルケア化粧水
  • ルシード 薬用 トータルケア乳液
  • ルシード 薬用 トータルケアクリーム

です。

保湿力

予想通りというか、まぁ順番は名前そのままって感じですね。
ルシード 化粧水 保湿力 比較
化粧水は圧倒的に保湿力が足りなかったです。
これオールインワンじゃないですね、一本でOKじゃないです。
化粧水どうしても使いたかったらそれこそ別に乳液かクリームほしいところですね。

乳液、クリームはまぁ普通ですね。
若干クリームの方が保湿優れています。
全体の平均値には負けてますし、市販品の平均値ぐらいの保湿力なんで、特別良くもなくって感じです。

そもそもこんな風にメーカーが書いてますから、順番的にはその通りですね。

いや、プレミアム保湿ってほどプレミアムな保湿ではないな。

実際は化粧水と乳液の間に超えられない壁がありますが。

保湿力は
クリーム≧乳液>>>>(超えられない壁)>>>化粧水
です。

化粧水は保湿力が全然ないので正直この時点で論外ですね。

べたつかなさ

これについてもそんままですねー意外性0。

化粧水はしゃばしゃばでべたつきはないです。
まぁ保湿力もないんですが…


乳液、クリームはどちらもべたついちゃいますね。
これも面白みのない、まぁそこそこべっつくって感じで、なんか予想通り過ぎてなんも言えないですね。

強いて言えば乳液が思ったよりべたつき強くてクリームとたいして変わらないってのがちょっと意外だったぐらいですね。

べたつかなさは
化粧水>>>乳液=クリーム
って感じです。

使用感

化粧水と乳液は同じ容器です。

中身の固さが違うので使用感は若干違いますが、まぁ見た目通りシンプルで使いやすい容器です。
クリームはフタはスクリューだしジャータイプだしで使い勝手は×ですね。
他の記事でも何度も言ってますけど、ジャータイプは開けるの面倒、衛生面もよくない、定量取りづらいといいとこ無しだと思ってます。
まぁクリームぐらい固くなると容器これにするしか選択肢無いのかもしれませんが。

見た目はこんな感じです。
左から化粧水、乳液、クリームです。

右にいくほどテクスチャが固くなっていってますね。
化粧水はほんとしゃばしゃばです、とろみも全くないですね。
クリームは固すぎてノビがイマイチですね、乳液が一番程よい固さで使いやすいです。

ニオイに関しては系統はみな一緒ですね、ただニオイの感じ方は結構違います。
まず化粧水はエタノールが強いせいか一番ニオイを強く感じます。

乳液クリームはニオイはそこまで気になりませんが全部に言えることはメントールが結構きいてるってことですね。
だからどれもつけた時にスーっとする感じがします。
ヒリヒリしたりするほどでは無いのでそこまで気にすることは無いかなと思います。
むしろ男性は好きな人多いですよね、このメントールの冷感って。

全体通して気になるのはやはり化粧水の明らかな保湿力不足ですね。
うーん、これはやっぱり論外と言うほかないですね。

あとここまでスルーしてきましたが、「薬用」ってついてますよね。
一応「医薬部外品」なんですよ。
医薬部外品をざっくり言うと「効果があることを国が認めている成分が入っている」っていう感じですね。
メーカー的には〇〇に効く!ということを堂々と書けるようになるというメリットがあります。
気になる方は各自こういうページでも見てください。
このルシードシリーズでいうとトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムがその医薬部外品たらしめている有効成分ですね。
前者がシミ予防、後者が抗炎症の効果があります。
これはこれでいいのですが化粧水としていいかどうかは別問題です。
例えば自分の肌に足りないのは保湿なのか、油分なのか、むしろ油分が多いのか、そういう問題を解決するために化粧水があると思うんですが、足りないのが抗炎症力だったとしたら評価はあがるってだけです。
そこまでいくと本当に個人個人の問題となってしまうので、当サイトでは肌トラブルの大元の原因になりがちな保湿だとか、男性が嫌いがちなべたつかなさとかに重きを置いているわけです。
つまり医薬部外品であることを特別評価はしませんってことです。

ちなみにウーノのUVパーフェクションも同じ成分入っていますが、化粧水としてイマイチなのでおすすめしていません。

コスパ

amazonの値段で行くと、化粧水と乳液が600円程度でクリームは1000円程度。

化粧水は実質オールインワンではないので論外。
乳液とクリームは似たような性能なので乳液が一番コスパいいですね。

結論

ルシードのオールインワン化粧水なら乳液一択ですね!

化粧水は保湿不足過ぎて論外、クリームは使い勝手、コスパで乳液に劣っています。

ルシードの乳液が合わなかったという方はシリーズの中で選ぶより他の化粧水を選んだ方がいいと思います。
ルシード乳液は安いので自分の中の基準作りにまずこれを使ってみてもいいかもしれませんね。

※オキシー、ウルオス等他の市販品と比較した記事はこちらです。

関連記事